おすすめ商品

微アルコールビール「ビアリー」は飲んでも運転できる?【結論:ダメです】

アサヒ飲料より、微アルコールビールというアルコール分0.5%の新しいジャンルのビールが発売されています

 

今までにない0.5%というアルコール分のビールなだけに

微アルコールって飲んでも運転できるの?

ということが、気になる人も多いと思います

   

 

ビアリーの味の感想についてはこちらの記事も参考にしてみてください

アサヒ微アルコールビール「ビアリー」を飲んでみた どうも、ふぱ (@fupa76670130) です   最近CMでも見かける話題の微アルコールビール「ビアリー」が気になっ...

  

 

結論:微アルコールでも飲酒運転はダメ絶対!

キーワード候補に出てくるくらいなので気になっている方も多いようですが・・・

  

調べたところ

 

道路交通法において、酒気帯び運転の基準値となる呼気中アルコール濃度は0.15mg/L。血中アルコール濃度に換算すると、0.3mg/mL(0.03%)に当たります。これは、純アルコール20g(ビール中びん1本、日本酒1合、ウイスキーダブル1杯)を飲んだときの血中アルコール濃度0.2mg/mL(0.02%)~0.4mg/mL(0.04%)に相当します。

量ではなくお酒を少しでも飲んだら絶対に運転してはいけません。

アサヒビール公式HPより引用

 

難しく書いてありますが、要は

 

量ではなくお酒を少しでも飲んだら絶対に運転してはいけません。

アサヒビール公式HPより

 

ということになります。

微アルコール(0.5%)は、かなり微妙なライン

個人差もあるからはっきりとしたことが言えない

   

法律では酒気帯び運転の基準値が決まっていますが、その数値に達していなければ運転していいわけではありません。

アルコール分0.5%でも”お酒”

 

アルコールを摂取した時点で、運転を考えることはやめましょう

 

 

もし飲酒運転で事故を起こせば人生終了するので絶対やめましょう

 

 

まとめ:微アルコールビール「ビアリー」飲酒運転は絶対ダメ!

 

微アルコールでも飲酒運転は絶対ダメ

 

少しでもアルコール摂取したら運転を考えることをやめましょう

 

 

お酒は楽しくマナーを守って飲みましょう

 

ブログランキングに参加中です。

応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング