雑学

【ガソリンの種類】レギュラーとハイオクの違いって何?

どうも、ふぱです

 

妻にふときかれたんですが答えられなかったので調べました

 

難しい解説抜きでわかりやすく、簡単な説明のみでまとめました

 

ガソリンの種類、レギュラーとハイオクの違い

ガソリンの中に含まれている「オクタン価」という添加物の割合によって変わるようです

 

レギュラー・・・オクタン価89以上96未満

 

ハイオク・・・オクタン価96以上

 

JISの規定により定められています

 

 

なんで値段が違うの?

前述のオクタン価が関係しています

 

ハイオクはレギュラーよりも性能がいいので高価となっています

 

軽油とは

ふぱ

軽油っていうのもあるけど、あれって何だろう

 

ガソリンを作る際に抽出されるもので

 

主に、トラックやバスなどの大型車両に使われています

 

注意:間違った種類を給油しない

ハイオク・レギュラー・軽油と3種類ありますが

  

車に適したガソリンを入れないと事故や火災につながる恐れがあるので注意が必要です

 

レギュラー仕様車にハイオクを入れるのは問題ないが

 

ハイオク仕様車にレギュラーや軽油を入れると問題があります

 

まとめ:レギュラーとハイオクの違いは添加物の量、誤給油に気を付けて

くれぐれも誤給油には気をつけてください

 

毎日乗る人ならよくわかっていると思いますが

 

たまにしか乗らない人は乗車前に、車検証や取説で確認しておきましょう

  

  

おわり

ブログランキングに参加中です。

応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA