プログラミング

【プログラミング独学】HTML&CSS 6日目、CSS、文字の色

プログラミング学習(HTML&CSS)をProgateで学習した内容を記録したものです

Progateでの学習と自分でリサーチしてわかったことをメモしています

今回はProgate演習6をやりました

 

 

CSSとは

HTMLの要素に対して、色、大きさ、配置などを指定してページをデザインするための言語

 

CSSとは(Cascading Style Sheets)

カスケーディング スタイル シート

 

CSSではHTMLの「どこ」の「なに」を「どうする」かを指定する

 

簡単に言うとHTMLで文字や画像を羅列して、CSSで見た目を整えるというイメージ

 

HTMLはindex.html というファイルに書き込む

CSSはstylesheet.css というファイルに書き込む

 

 

文字の色を変える

 

(例)stylesheet.css

h1 {

color:red;

}

これはh1要素の色を赤にするという表記

 

CSSで変更したい要素(h1)をセレクターという

 

変更項目(colorやred)をプロパティという

 

色は16進数のカラーコード(#ff0000など)を指定するか

 

主要な色であれば文字だけで指定できる(redなど)

 

カラーコードは覚える必要なし

 

 

まとめ:今日わかったこと

 

CSSは見た目を整えるためのもの

stylesheet.cssというファイルに書き込む

変更したい要素→セレクター

変更したい項目→プロパティ

カラーコードは覚えなくていい

 

セレクター、プロパティは覚えた方がよさそうですね

 

エンジニア同士での会話で使われてそう

  

なんて勝手なイメージ笑

 

学習おわり

ブログランキングに参加中です。

応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

書いた人
 
33歳2児のパパ
長野の会社員です

趣味はテニス、ゲーム、漫画
アニメ、カラオケ、ネットなど

ブログ内容は育児、趣味、雑学、雑記

ブログネタなどを発信中


詳しいプロフィールはこちら


話が合いそうと思ったら
気軽にフォローお願いします



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA