プログラミング

【プログラミング独学】HTML&CSS 7日目、フォントサイズ

プログラミング学習(HTML&CSS)をProgateで学習した内容を記録したものです

 

Progateでの学習と自分でリサーチしてわかったことをメモしています

 

今回はProgate演習7をやりました

 

 

文字の大きさを変えるには?

 

font-size プロパティを使う

  

大きさはpx(ピクセル)という単位で指定する

 

文字の種類について

文字の種類はfont-familyでフォント名を指定する

 

フォント名にはいろいろな種類があり、種類によって書き方を変える必要がある

  

フォント名の種類には

フォント名にスペースがない

フォント名にスペースがある

  

この場合で書き方が変わる   

 

フォント名にスペースが ない

例)フォント名 serif の場合

 

font-family: serif;

 

という書き方

  

フォント名にスペースが ある

例)フォント名 Avenir Next の場合

 

font-family: “Avenir Next”;

  

ダブルクォーテーション ” ” で囲う

まとめ

文字の大きさは font-size:〇〇px; で指定

フォント名は font-family: 〇〇; で指定

フォント名にスペースがあるときはダブルクォーテーションを使う

 

フォント名は覚える必要がないと書いてありましたが

 

自分の想像ではデザインの部分で、こういう字体ならこういう印象を与えるってことも、きっとプロの人たちは意識してるだろうなと思うのでこの何種類かは覚えても損はないかなと思いました

 

学習終わり

ブログランキングに参加中です。

応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

書いた人
 
33歳2児のパパ
長野の会社員です

趣味はテニス、ゲーム、漫画
アニメ、カラオケ、ネットなど

ブログ内容は育児、趣味、雑学、雑記

ブログネタなどを発信中


詳しいプロフィールはこちら


話が合いそうと思ったら
気軽にフォローお願いします



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA