体験談

【マイホーム】購入して1年、住んだ感想と良かったこと、後悔していることなど

どうも、ふぱです


私は2019年の12月にマイホームを購入しました


住みはじめて1年以上経ったので、住んでみた感想や

 

マイホームを買ってよかったこと

 

後悔していること、大変なことなどをまとめてみました

  

※ちなみにアイキャッチ画像はフリー素材です

 

  

こんな人に読んでほしい

マイホーム検討中の人

 

 

読むとわかること

実際に購入した人の感想

住んでみた感想

よかったこと

後悔していること

大変なこと



感想

結論から言えば最高です

 
アパート、マンションなどの集合住宅でも

 

もちろん「住めば都」で居心地はいいと思いますが

 
例えば駐車場や庭(玄関を出た先のちょっとしたスペース)などは

 
共有スペースとなるため何か作業をする時など少し気を使わないといけません

 
私も以前アパートに住んでいたとき、隣の人が玄関出てすぐのところに車を持ってきて

 

タイヤ交換をしており今出にくいなーと思ったことがあります

 
一軒家なら全て自分の敷地内なので周りに気を使わなくてよくなります

 
あとは子供が大きくなってきて走り回るようになった為、下の階への騒音などもかなり気になってしまいましたが、それも一切気にしなくてもよくなりました

 
アパートにいたときは「うるさいから辞めなさい」と子供に注意してしまっていたんですが

 

そもそも親の言いつけを聞き分けられるような年齢ではなかったので一軒家にして良かったなと思いました

 

今では毎日奇声をあげながら走り回ってます笑

 

次に購入して良かったことをまとめました

 

よかったこと

感想のところでも少し触れましたが

家の外にも自分だけのスペースがある

隣人への騒音をそこまで気にしなくてもよくなった

広くて快適

自分の資産になった

上の2つは先ほど触れたので下の2つについて書きます

 

広くて快適

アパートにいたころは2LDKに住んでいました

 

狭い方ではなかったんですが、子供が生まれてからは荷物が増えるので

 

かなり狭く感じていました

 

一軒家になり4LDKとなった今では部屋数はもちろん

 

収納スペースもかなり広くなったため、手狭に感じることはなくなりました

 

自分の資産になった

これはあくまでも私の考え方ですが

 

賃貸だと必ず、家賃を毎月数万円払います

 

一軒家の場合も住宅ローンを契約し、毎月数万円ずつ返済します

 

どちらも、同じ数万円の支払いであることに変わりはないのですが

 

家賃の場合は大家さんに払っているお金

 

ローン返済の場合は自分の為に払っているお金だと考えることができます

 

家賃の支払いを30年続けた場合とローン返済の支払いを30年続けた場合

 

単純なコスパだけで言ったら家賃の方が金額は低いかもしれませんが

 

コスパ以外に自分の資産として残るというメリットがあります

 

例えば40歳のAさんとBさんがいたとします

 

Aさんはこの先30年間、アパートに住み、家賃を払い続けていました

 

しかし高齢者への賃貸契約には「孤独死」という問題もあるため

 

大家さんは契約を慎重になります

 

もしそうなってしまえば事故物件になってしまいますからね

 

最悪の場合、契約更新しませんと言われるかもしれません

 

これ、普通に怖くないですか? 70歳にして突然家を失います

 

恐ろしい(少し極端な例を出しましたがありえない話ではないと思います)

 

一方でBさんは40歳で家を購入

 

30年間黙々と住宅ローンを返済してきました

 

70歳になりローン完済

 

その後はメンテナンス費用程度の支出で済みますし

 

それ以降は自分の財産として残るので、子供に贈与することもできます

 

そしてBさんは老後、住むところの心配をする必要がありません

 

前述のAさんは家を失うリスクと向き合いながらこの先生きていかなければなりません

  

Aさん、Bさんの事例で見るとどうでしょうか?

 

私は明らかにBさん、一軒家の方が良いなと思いました

 

  

ただ、今は、高齢者専用の賃貸住宅なども増えてきているみたいなので一概には言えませんが、私個人としては、マイホームをおすすめします

 

次に、購入した後に後悔していることをまとめます

後悔していること

  • コンセントの位置
  • 書斎を作らなかった
  • 外構をやらなかった
  • 理想の間取りのイメージがなかった

上記のことで少し後悔しました

 

順番に見ていきます

 

コンセントの位置

これは打ち合わせの時に担当のプランナーさんからもよく言われていたことなんですが

 

コンセントの位置は住んでみてから違うなと感じることが多いので

 

事前にどこに欲しいかしっかりイメージしておいてください

 

と何回も言われていましたが

日々の生活の忙しさに流されてしまい

 

提案されるがままの位置で決定しました

 

ただ、実際に住んで生活してみると

 

あ、ここにコンセント欲しいとか、ここのコンセント全然使わないわ

 

みたいなことが結構あるので、できるだけイメージすることが大事です

 

まずは現状の間取り図とにらめっこしましょう

 

書斎を作らなかった

書斎は男の夢です!

 

私の場合は打ち合わせ当時はブログやってなかったので

 

そこまで欲しいと思っていませんでした

 

でも、ブログ始めた今、猛烈に欲しい!笑

 

どんなに狭くてもいいから自分をリセットする場所が必要だと思いました

  

仕事でめっちゃ嫌なことがあって落ち込んで帰ってきた日など

 

10分ほど1人になってゆっくり考えたりできる場所はとても貴重です

 

なのでどんなに狭くてもいいんです

 

 

我が家にも書斎として使えそうなスペースは一応あるんですが

 

廊下にカウンターを設置しただけなので秘密基地感がありません

 

たとえ1畳分でもいいので壁に囲われた空間を作ることをオススメします

 

そんな自分がいつか買おうと思っているのはこれ

 

これめっちゃよくない?テント型の書斎

 

ソロキャンプに憧れを持つ、ブロガーの私にぴったりな商品w

 

やっぱり狭いところの方が、なぜか落ち着くんですよ 

 

うちの子供も段ボールの中とか、クローゼットの中によく入ってる

 

いつかほしい

ちなみに奥様からNGが出やすいのも書斎です

 

そんな時は交換条件としてパウダールームを提案してみましょう

 

イメージはウォークインクローゼットと連携したパウダールーム

 

室内には芸能人が使うような大きな鏡や照明をつける

 

きっと毎日のおしゃれが楽しくなるので喜んでくれるはずです

 

 

外構をやらなかった

外構の打ち合わせは、たぶん後半の方になると思います

 

打ち合わせを重ねてくると予算もなくなってきて、外構を削ってしまいがちですが、できれば新築のタイミングで一緒にやってしまった方が良いです

 

その理由を解説します

理由1

生活しながらだと自分の車を停めるところがなくなる

外構工事を後回しにすると、生活しながらの工事になります

 

そうすると例えば、駐車場をコンクリートにしたいときに

 

コンクリートが固まるまでにある程度の期間が必要なので

 

車を停める場所がなくなります

 

近所に駐車場などあればいいのですが、それも余計な出費です

 

このことからコンクリートは入居前にやることをおすすめします

 

我が家はまだ砂利で、1年後までにお金をためて駐車場のコンクリートをやろうとしていますが、車をどこに置いておくか悩んでいます

 

 

理由2

新興住宅地だと自分の家だけ殺風景に見える

周りが新築のおうちばかりという環境だと、皆さん外構をきっちりやられているんですよね

 

うちの周りもそうで、隣近所みんなきれいにデザインされています

 

うちだけただの砂利でなんだか殺風景w

 

親や友人を招待した時にも外構やりたいねぇなどと言われ

 

少し惨めな思いをします

 

この辺は見得ですが、住んでいると、どんどん気になってきます

 

そんな思いをしたくなければ初めにやった方が良いですね

 

 

理由3

近所の子供が敷地内に入ってくる

我が家では外構を一切やらなかったので、歩道との仕切りもつけていませんでした

 

なので登下校中の子供たちが、庭に入ってしまうということがよくありました

 

あと散歩中の犬とかも入ってきた

 

入るくらいならまだ許せるのですが、車に傷つけられたり

 

ウンコされたらいやなので

 

通路との仕切りフェンスも大事だなと思います

 

入居前にやった方が良いこと

・駐車場コンクリート

・仕切りフェンス

 

予算にもよりますが、この2つは先にやっておくことをおすすめします

間取りのイメージがなかった

間取りはやっぱり永遠の課題です

 

住んでみないとわからないこともありますが

 

できるだけ具体的にイメージしましょう

 

我が家ではプランナーさんの提案をそのまま受け入れましたが

 

実際に住んでみたら、こここうした方がよかったなぁということがたくさん出てきました

 

今の生活スタイル、将来の家族構成、子供が成人した後くらいまでイメージすることが大事だと思いました

 

まぁ、難しいですけどね

 

なので打ち合わせ前にはインスタなどで間取り図たくさん見れるのでいろんな人の意見を取り入れつつ

 

自分が大事にしたいことを優先して決めていきましょう

 

 

次に住んでみて大変だと思ったことについて書きます

大変なこと

  • ご近所付き合い
  • 掃除

住んでみて思った大変だったことはこんな感じです

 

こちらも順番に解説していきます

 

ご近所付き合い

やはり一生のお付き合いになる方たちなので挨拶は大事です

 

我が家は全25区画ある新興住宅地なのですが、引っ越しの挨拶は時間がなかったのもあり最低限の隣、向かいの3件ほどしか挨拶に行けなかったんです

 

今になって思うと、うちの子供と同じくらいの年齢の子供も多かったので

 

全件回ればよかったなと後悔しています

 

まぁ、住んでいると顔合わせたときに挨拶をするので少しずつ話せるようにはなりますが、最初のタイミングが一番話しやすいので積極的にあいさつしましょう

 

 

掃除

これは当たり前ですが、アパートの倍くらいの広さになったので

 

掃除の時間もめっちゃ増えました

 

大変だけど自分の城をしっかりと維持していくためにも頑張りましょう

 

アパートの時には気にしなかった外回りの掃除もあります

 

雑草も生えてくるので夏場は草むしりもあります

  

結構大変です

 

雑草対策も予算に余裕があれば新築のタイミングでやることをおすすめします

 

うちのご近所さんたちは外構がきれいにデザインされているので

 

汗流しながら草むしりしてないんですよね(スマート

 

うちだけ何してんねんwってなります

 

早く外構やりたいっ!

 

まとめ:一軒家は大変なことも多いけど自分の資産だから最高、購入前に理想の間取りや外構プランを全部決めておこう

まとめるとこんな感じです

 

家を買う時は、事前にできるだけリサーチして、自分の理想とする間取りや外構を決めてから、打ち合わせに臨みましょう

 

間取り図をスケッチして持っていくくらいの姿勢でいいと思います

 

私は建築模型を作って持っていこうとしましたが

 

あまりにも出来が悪い為、1F完成時点で妻に止められましたw

 

おわり

ブログランキングに参加中です。

応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA