雑学

【賞味期限】と【消費期限】の違いってなに?食品ロスについても考える

どうも、ふぱ (@fupa76670130)です

 

気になったので調べました

 

 

「賞味期限」と「消費期限」の違いは

期限表示には「消費期限」と「賞味期限」があり、品質の劣化が早いものは「消費期限」、品質の劣化が比較的緩やかなものは「賞味期限」を、製品に記載します。

味の素公式HPより引用

 

調べたところ

品質の劣化が早いもの → 消

品質の劣化が緩やかなもの → 賞

 

ふぱ

品質の劣化って言われてもなぁ・・・

カエル博士

もう少し詳しく調べてみよう

期限

袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法を守って保存していた場合に、この「年月日」まで、「品質が変わらずにおいしく食べられる期限」のこと。

農林水産省HPより引用

 

期限

袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法を守って保存していた場合に、この「年月日」まで、「安全に食べられる期限」のこと。お弁当、サンドイッチ、生めん、ケーキなど、いたみやすい食品に表示されています。

農林水産省HPより引用

 

ふぱ

どちらも未開封で正しい保存方法を守っていることが前提なんだ

カエル博士

そうだね。そのうえで、

賞味期限は「おいしく食べられる期限」

消費期限は「安全に食べられる期限」

を言うんだね。

 

未開封で正しい保存方法を守っていた場合

賞味期限 → おいしく食べられる期限

消費期限 → 安全に食べられる期限

 

開封後の期限は?

ふぱ

1度あけて、保管しておく場合も同じなの?

 

一度開けてしまった食品は、期限に関係なく早めに食べるようにしましょう。

農林水産省HPより引用

 

カエル博士

1度あけたら、表示されている期限は保証されないから早めに食べよう

 

期限切れには注意!

期限は「安全に食べられる期限」なので

 

期限が切れたものを食べると、体調を崩したり、食中毒になる恐れもあります

 

正しく保管していた場合でも、消期限が切れていたら食べるのはやめましょう

 

カエル博士

期限でも同じことが言えるよ。

極端に期限が切れているものはやめておこう

 

買いすぎない!食品ロスを減らそう!

期限、消期限とは違う話ですが、関連する部分もある食品ロスについても触れてみたいと思います

 

ふぱ

お腹が減った状態でスーパーに行くと、つい買いすぎちゃうんだよなー

カエル博士

それ全部食べ切れる?

ふぱ

た、食べてる・・・と思う(-_-;)

カエル博士

食べきれない量を買うのはやめよう!

買い物も計画的に!

ふぱ

今度から気を付けるよ

 

農林水産省の調べによると日本の食品ロスは年間で612万トンもあるそうです

 

これは東京ドーム約5杯分にも及びます。

 

世界では”食べたくても食べられない”という状況がある一方で、日本を始め先進国では”食べられるのに食べない”という状況があるのも現実です

 

減らそう!食品ロス!個人でできること

・食べ残しをしない

・買い物は冷蔵庫の中身を確認してから計画的に

 

まずは自分にできることから始めてみましょう

 

まとめ

賞味期限と消費期限の違い

未開封で正しい保存方法を守っていた場合

期限 → おいしく食べられる期限

期限 → 安全に食べられる期限

  

1度あけたらどちらの場合も早く食べよう

 

食品ロスにならないよう買い物は計画的に!

  

 

おわり

ブログランキングに参加中です。

応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA