いいかげんな雑記

ヤンキーに靴を貸した話

 

どうも、ふぱです

 

なんだこのタイトルはって感じですが

 

今回は中学生の頃に実際にあった話を書いてみます

 

  

エピソード

委員会の仕事で通常よりも遅めの下校時間になったある日のこと

 

帰ろうと昇降口に行くと

 

自分の靴箱にノートの切れ端のようなものが入っていた

 

 

思春期ど真ん中の自分は「え!?これラブレター?」と一瞬にして舞い上がったw

 

 

まず周りに誰もいないことを確認(バレたらいじられるから

 

 

めっちゃ挙動不審だったと思う

 

 

もう街中なら絶対職質されるくらいの勢いだった

 

そして慎重にその紙に手を伸ばして、ドキドキしながら開封

  

 

 

「ふぱへ、お前の靴がちょうどよさそうだったから借りた。返してほしければ○○(ヤンキー)まで」

 

 

 

は?(@_@;)

   

 

 

・・・っざっけんなっっ!

 

 

漫画SULAM DANKより引用

 

感情が入り乱れて少し混乱しました

 

 

 

 

まず女子からのラブレターではなかったorz

 

 

普通さ、思春期の男子よ?

 

下駄箱に紙入ってたら期待しちゃうじゃん

 

 

今の時代の子たちは違うのかもしれないけど

 

 

当時は中学生でも携帯持ってる人ほとんどいなかったから

 

 

ラブレターで告白は普通にあったし、同級生にそういう話があったのも聞いたことがあった

 

でも、その期待が崩された

 

ギャルゲの主人公のようにはならないよね

 

あいつらモテすぎ、マジうらやまw

 

なんであんなかわいい娘たちがどんどん寄ってくるの?笑

 

 

少し脱線したので話を戻すと

 

どうやら○○(ヤンキー)がサイズがちょうどよさそうな僕の靴を借りていったようで

 

返してほしいときは探しに来いという内容だった

  

 

今思うとヤンキーなのにそこは律儀なんだな

 

一応人から勝手に借りたという申し訳なさはあるみたいだ

  

ラブレター騒動(勝手に舞い上がっただけw)で疲れたけど

 

靴がないと帰れない

 

それからヤンキー探しの旅に出ることになった

 

その手紙には場所とか時間は一切書いてない

 

そして校内を歩き回ること30分

 

クラスの友達A(ヤンキーと仲良し)に会い一言

 

A「おい、ふぱ、下駄箱の紙見た?」

  

ふ「あ、見たよ、そろそろ帰ろうと思ってるんだけど・・・」

 

A「○○(ヤンキー)なら今帰ってきてるから一緒に下駄箱行こう」

 

この友達は多少強引だけど、小学校からずっと同じクラスで、よく話す奴だったからヤンキーと話さなくていいのは正直、助かった

 

で、いざ昇降口の下駄箱へ

 

ヤンキー軍団そろい踏み(5人いた)

 

ヤ「おう、わりいなぁ、靴借りたわ」

 

ふ「あ、うん、いいよ」

 

ふ)心の声「ざっけんな、早く帰りたかったのに、お前ぶっこr・・・」

  

ヤンキーと目が合う

 

い・・・言えねぇ

 

N64実況パワフルプロ野球6より画像引用

 

ゴゴゴゴゴゴゴゴって音がした気がするw

 

 

いろいろありましたが、無事に靴は返してもらえました

 

特にカツアゲされるとかもなく

 

平和に終わった

 

ただ、ワンチャンラブレターだったらなと淡い期待はもった

 

結局、学生時代は恋愛イベント一度もなかったんだけどね(泣)

 

 

おわり

ブログランキングに参加中です。

応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング